【固定費削減】ガス代高すぎ!?ガス代を今よりも安く抑えるための節約方法

—固定費削減

 電気代と並んで節約したいガス代。

夏は冬と比較してガス代はかからないものの、できれば安く抑えたいですよね?

2017年のガス自由化でガス会社を自由に選べるようになり、家庭ごとのライフスタイルやガスの使い方に合わせて各社、様々なプランが出てきています。

プランの見直しに加えて、日々の生活で安く抑える方法をご紹介します。

夏は冬と比較してガス代はかからないものの、できれば安く抑えたいですよね?

2017年のガス自由化でガス会社を自由に選べるようになり、家庭ごとのライフスタイルやガスの使い方に合わせて各社、様々なプランが出てきています。

プランの見直しに加えて、日々の生活で安く抑える方法をご紹介します。

ガス代の上手い節約法、今すぐ実践!

ひとり暮らしの場合
(都市ガス)
1人暮らしひと月あたり夏:1,754円 冬:2,532円
(プロパンガス)
1人暮らしひと月あたり夏:6,607円 冬:4,188円

家族暮らしの場合
(都市ガス)
2人暮らし年間ひと月あたり夏:2,060円 冬:3,140円
3人暮らし年間ひと月あたり夏:2,492円 冬:3,982円
4人暮らし年間ひと月あたり夏:2,924円 冬:4,816円

(プロパンガス)
2人暮らし年間ひと月あたり夏:5,140円 冬:8.500円
3人暮らし年間ひと月あたり夏:6,484円 冬:11,119円
4人暮らし年間ひと月あたり夏:7,828円 冬:13,713円

 まずは都市ガスかプロパンガスのどちらを使用しているかによってガス代に大きな差があります。また家族が増えにつれて、プロパンガスの方が料金の上がり幅も大きくなっており、プロパンガスを利用している方は都市ガスに変えるだけでも非常に家計に優しい選択となります。

ガス代の上手い節約法、今すぐ実践!

節約術1:給湯器の設定温度を下げる

10℃の水温を38℃に上げる場合と42℃に上げる場合ではかかるガス代が変わります。
例えばお風呂にお湯を張った場合ならどのくらい違いがあるか計算をしてみましょう。

■10℃→38℃のお湯にする
【都市ガスの場合】
水200L×(38℃-10℃)÷(10,000Kcal×熱効率80%)×都市ガス180円=約109円
【プロパンガスの場合】
水200L×(38℃-10℃)÷(24,000Kcal×熱効率80%)×LPガス560円=約142円

■10℃→42℃のお湯にする
【都市ガスの場合】
水200L×(42℃-10℃)÷(10,000Kcal×熱効率80%)×都市ガス180円=約121円
【プロパンガスの場合】
水200L×(42℃-10℃)÷(24,000Kcal×熱効率80%)×LPガス560円=約157円

温度が4℃違うだけで都市ガスは12円、プロパンガスは15円の差が出ることが分かりました。

節約術2:浴槽に張るお湯のかさ増しをする

 水をお湯に変える分だけガス代もかかります。

例えば1人で入るよりも二人で入るほうがお湯のかさが増しますよね。

ペットボトルに水を入れておき、1Lを5本用意して浴槽に入れるとどれくらいの節約効果になるでしょうか。

■10℃→42℃のお湯にする
【都市ガスの場合】
水195L×(42℃-10℃)÷(10,000Kcal×熱効率80%)×都市ガス180円=約118円

【プロパンガスの場合】
水195L×(42℃-10℃)÷(24,000Kcal×熱効率80%)×LPガス560円=約153円

 5L減らすだけでガス代は都市ガスが3円安く、プロパンの場合は4円安くなります。

初回のみペットボトルに水を入れておけば、次からはずっと使えるので、お手軽に節約ができますよね。

ガス会社乗り換えによるガス代節約!

都市ガスは2017年に自由化され、好きなガス会社を選べるようになりましたが、プロパンガスは日本に上陸してからずっと自由料金設定です。

つまり、ガス会社によってガスを提供する金額が違うのです。公共料金だから仕方がない…と考えている方は勿体無いので各ガス会社の料金を比較してみましょう。

簡単なシミュレーションをしてみます。

冬のガス使用量が20㎥だとして、
旧ガス会社:基本料金1500円 従量料金560円 1,500円+(20㎥×560円)=12,700円
新ガス会社:基本料金1500円 従量料金380円 1,500円+(20㎥×380円)=9,100円

なんと今まで1万円超えていたガス代が約9,000円台まで下げることができるのです。

ガス会社乗り換えによるメリット

1.ガス代が安くなる
なんといってもコレ!
単価の安いガス会社に切り替えることで、毎月のガス代を削減できます。

2.乗り換え費用0円
切り替えに関わる事務費用などは不要です。初期投資はありません。

3.サービスの向上
ポイントサービスや定額制、セット割など、お得なメニューが多数。

簡単に乗り換えることができるので、今すぐ乗り換えを検討してみましょう。

ガス会社はどんなところがある?

東京ガス、HISガス、東京電力、、、と様々なガス会社があります。

料金が安いもの、電気代とのセット割りがあるものなど、「結局どれを選んだらいいかわからない。」や「どれが一番自分にあった会社なのかわからない。」

そんな方のための、希望する条件を提示するだけで無料であなたに合ったプランを見つけてくれるのが「ガスチョイス」です。

ガス代節約の味方「ガスチョイス」

WEBからの指定の条件でお申込みで最大30000円キャッシュバック!【ガスチョイス】

 「一番自分に合ったプランを選びたいけど、ガス代や電気代の比較検討をするのは面倒・・・。」という方にオススメなのが「ガスチョイス」です。


面倒な手続きや比較をすべておまかせして安くて安心なガスを【無料】で提供してくれるサービスです。サービスの利用はとても簡単です。

STEP1.カンタン入力で相談
    電話もしくはネットからお気軽に相談可能

STEP2.ガス切り替えに精通したプロがご提案
    専任スタッフが希望に合ったプランをご提供

STEP3.新ガス会社を決定・契約
    完全サポートなので迷うことなく手続きを進められる

以上の3ステップで簡単に比較検討から決定、契約までの手間を省くことが可能です。

ガス代どれだけ節約できる?さっそく相談 

まずは【無料】で相談して確認してみてください。

今なら非常にお得なキャンペーンも実施しているみたいなので、何ヶ月分かのガス代が無料になりますね!

まとめ 

いかがでしたでしょうか?

たくさんあって、どれを選んだらいいか迷ってしまう方は、まずは【無料】で相談してみるのがいいかと思います。

ガス代は毎月かかる支出です。

それなら一日でも早く安い電力会社に切り替えたほうがお得です。

ガス自由化によって手軽にお得に乗り換えることが可能になったので、まず相談することから、ぜひ行動してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました